おすすめ更新記事


記事内容
SNSニュース+

円安で“爆買い”復活の兆し 100万円以上のニシキゴイも「バーゲンセール状態」 

1きつねうどん ★2022/10/27(木) 07:37:48.15ID:VlWdhSQA
新型コロナウイルスの感染拡大前におなじみだった“爆買い”。止まらない円安で復活の兆しが見られます。新潟県にある養鯉場では、1匹100万円以上するニシキゴイも、外国人にとっては“バーゲンセール状態”になっています。ただ、円安の恩恵ばかりではなく…。

    ◇

水際対策の緩和から2週間あまりが経過し、外国人観光客の姿は東京でも見慣れた光景となりました。

今や家電よりもキャラクターグッズなどの“聖地”となった秋葉原。ラジオ会館にある店では、真剣なまなざしで買い物をする外国人観光客が見られました。チリからの観光客は、フィギュアやキーホルダーなど12点で約2万円分を購入しました。

チリからの観光客

「手頃な価格で幸せだよ!」

急速な円安が後押しして、財布のヒモはゆるみがちになっています。

アメリカからの観光客

「(円安は)僕にとっていいことしかありません」

さらに電話で母国にいる友人から指示を受けながら買い物をする、台湾からの観光客もいました。

台湾からの観光客

「友人に『娘のためにもっとたくさん買ってほしい』と言われました。日本の方が安いから」

また、“予算は決めていない”と話していました。

台湾からの観光客

「予算はありません! クレジットカードを持ってるし、いくらでも」

あみあみ秋葉原ラジオ会館店 広報PR室統括・岩永梓さん

「(入国規制が)緩和されて以降、免税を利用される海外のお客様の売り上げに関しては、かなり増えてきています」

この店では、水際対策の緩和以降、免税を利用した売り上げは20倍に急増しているということです。

    ◇

外国人観光客の姿は、調理器具や食器などが何でもそろう台東区の「かっぱ橋」でも見られます。感染拡大前には売り上げの8割を外国人が占めていたという包丁専門店を訪ねました。

アメリカからの観光客

「『包丁の切れ味がとてもいい』と聞いて来たのです」

包丁を見つめるノルウェーからのご一行は、様々な商品を吟味した結果、包丁を4本、8万3200円分を購入しました。いい買い物に満足げでした。

ノルウェー人

「ノルウェーにいる知人へ贈り物として買いました」

店は外国語に対応した従業員を増やすなど、対応に追われているということです。

かまた刃研社 鎌田晴一代表取締役

「(外国人が)急激に増えているので、ちょっとビックリしています」

    ◇

外国人の姿は東京のみならず、新潟・小千谷市にある養鯉場でも見られました。

アメリカ、スイス、ベトナムに、シンガポールからと、世界各地から外国人が一堂に会していました。“泳ぐ宝石”の異名を持つ「ニシキゴイ」を、はるばるコイの本場に買い付けに来たバイヤーたちです。

アメリカ人バイヤー

「アメリカにいるお客さんに、日本の高品質なニシキゴイを販売しています」

「ウィー・ラブ・コイ! コイスゴイ!」

海外でも人気のニシキゴイをアメリカで販売するため、感染拡大前は年に数回、来日していたといいますが、ここ2年は“おあずけ”になっていたといいます。今では円安の追い風もあり、ものによっては1匹100万円以上するコイも、外国人にとっては“バーゲンセール状態”です。

大日養鯉場 間野茂常務

「お客さんはみんな『いい』って言ってますね、円安は。いきなりドドドドって入ってきて、懐かしい感じがして、一気に忙しくなりました」

中には、1匹50万円するニシキゴイを3匹購入したベトナム人もいました。しかし、円安の恩恵ばかりではありません。

大日養鯉場 間野茂常務

「輸送コストだとか、かなり上がっていますし…」

コイの輸送費は、感染拡大前と比べ高騰しているということです。

    ◇

止まらない円安で、“爆買い”に復活の兆しが見られます。外国人観光客の姿は今後、ますます増えていきそうです。

https://news.ntv.co.jp/category/society/63fa2122f6024097b248172db05d8a8c