おすすめ更新記事


記事内容
SNSニュース+

「実質賃金」低下止まらず! 8か月連続マイナス、財布は2年前より15%軽く…エコノミストが指摘「今年は昨年より1人1.9万円の負担増」

1Grrachus ★2023/01/10(火) 21:19:27.59ID:pGFGNJxh
1/10(火) 18:50 Jcast会社ウォッチ
https://article.yahoo.co.jp/detail/7f956e42c796797ee99007b6651172c5d5f78e07

賃金はそれなりに増えているのに、生活がどんどん苦しくなっている!

厚生労働省は2023年1月6日、働く人1人当たりの現金給与額などを示す昨年(2022年)11月の「毎月勤労統計」を発表したが、「実質賃金」が前年(2021年)同月より3.8%も減少した。消費増税の影響を受けた2014年5月以来8年半ぶりの大幅な落ち込みだ。

これで、実質賃金減少は2022年4月以降8か月連続となり、下げ幅もその期間で最悪の数字となった。物価上昇ペースに賃金の伸びが追いつかない状況が鮮明になった。私たちの生活はどうなるのか。エコノミストの分析を読み解くと――。

実質賃金指数は、2020年平均を100とすると85に低下
厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査 令和4年(2022年)11月分結果」(速報、従業員5人以上)や報道をまとめると、ポイントは次のとおりだ。

(1)基本給や残業代などを合わせた11月の現金給与額(名目賃金に相当)の平均は28万3895円と、前年比0.5%増で、2022年1月以来11か月連続の増加となった。ただし、前年(2021年)11月は前年(2020年)比1.8%増だったから、マイナス1.3%も減少したことが痛かった。

最大の要因はボーナスなど「特別に支払われた給与」が1万4779円と、前年比19.2%も減少したこと。10月は同2.9%増だったが、11月は製造業、運輸・郵便業、教育・学習支援などの業種で大きく減少した。

(2)現金給与額(名目賃金)を、正社員などの一般労働者とパートタイム労働者に分けると、一般労働者の平均は36万8358円(0.2%増)、パート労働者の平均は10万1888円(2.2%増)だった。前年比の伸び率は、一般労働者が1.9%増から0.2%増に縮小したのに対し、パート労働者が1.5%増から2.2%増に拡大したことが目につく。

(3)産業別では、飲食サービス業(5.6%増)、鉱業・採石業等(5.3%増)などが伸び、全体を押し上げたのに対し、教育・学習支援業(3.5%減)、製造業(2.0%減)などが全体を押し下げた。

このように、名目賃金の支給額は前年より伸びているのだが、実質賃金をみると――。

(4)物価変動を反映した実質賃金は、消費者物価指数が前年同月に比べ4.5%も上昇したため、前年同月比で3.8%の減少となった【図表1】。実質賃金指数でみると、2020年平均を100とすると、85.3となった。2020年より14.7%ポイント減ったわけで、財布の中身が2年前より約15%軽くなったことになる。

続きは上記リンク先をご覧ください。

2新規スレ立て人募集 社説+の募集スレまで2023/01/10(火) 21:19:43.58ID:FNlxfw8l
 
 
防衛増税で麻生氏「多くの国民の理解得た」…「もっと反対の反応覚悟していた」
 
現実は
年間1兆円の“防衛費増税”「反対」71% 「賛成」22%を大きく上回る JNN世論調査
 
ほらまた自民党暴走がはじまった
「反社の定義は明確ではない」と同じ
もうプーチンと一緒
 
 

3新規スレ立て人募集 社説+の募集スレまで2023/01/10(火) 21:24:24.16ID:Q5XMAGIW
デフレが一番いいです

お金がなくても結婚しなけりゃ余裕

5新規スレ立て人募集 社説+の募集スレまで2023/01/10(火) 21:44:11.55ID:lqXpJLyv
>>4
バカだわ
結婚するから楽になるんだよ

しかも増税と来たもんだ

リモートで仕事してるから、
風呂を1週間に一回にがまんして、
髪は自分で切ってるけど、
もう節約も無理。ツラい。

これもう防衛費どころじゃねーな
大増税で内側から破壊される日本

無能岸田によって日本そのものが滅ぶ

9新規スレ立て人募集 社説+の募集スレまで2023/01/10(火) 23:55:35.06ID:2pkdDreo
岸田 「異次元の増税! 異次元♪異次元♪」